明瞭な料金表

ks矯正歯科の明朗会計な『トータル料金制度』

K’s 矯正歯科の矯正治療では、最初に治療費の総額をお伝えする『トータル料金制度』を採用しています。その為、通院するたびに毎回、調整料など治療費をお支払いいただく必要はございません。お子さんがおひとりで通院される場合も安心です。 定額制のため、治療期間が長引くことで、医院にとっても負担になります。このため医院としても、正確で安全な治療をするという事は前提ですが、できるだけ治療期間を短くすることを努めるという点にもつながっています。

トータル料金制度
矯正治療費は一般的に
①検査料(治療前)+ ②調整料(治療中)+ ③装置費用の合計で算出されます。
k’s矯正歯科では、装置費用の中に調整料やリテーナー費用も含まれたトータル料金制度を採用しています。
その為、通院するたびに追加費用が発生する心配がございません。

矯正治療の料金表

小児の矯正(乳歯または乳歯と永久歯が混在している状態)

①検査料(治療前)

矯正相談
0円
精密検査
30,000円(税別)

②調整料(治療中)

調整料
0円

③装置費用

表側矯正(目立たない器具を用いた矯正)

ホワイトブラケット
260,000円(税別)~420,000円(税抜)260,000円(税別)~420,000円(税抜)

※小児の矯正装置は「目立たない矯正」が標準仕様です。
※メタルブラケット、裏側矯正などご希望の方はご相談ください

難易度 期間 費用
A 8ヶ月前後 260,000円(税別)
B 1年前後 340,000円(税別)
C 1年半以上 420,000円(税別)

治療難易度により、期間とそれに伴う治療費用が変動します。
実際の口の状態を確認した後に費用が決定します。

リテーナー(後戻り防止装置)

リテーナー
0円0円
大人の矯正

※当院での小児矯正治療(一期治療)を終了され、永久歯の矯正治療(二期治療)へ移行する場合、大人の矯正治療費は小児の矯正治療費の一部を差し引いた金額となります。

①検査料(治療前)

矯正相談
0円
精密検査
50,000円(税別)

②調整料(治療中)

調整料
0円

③装置費用

裏側矯正(リンガル矯正)

部分裏側矯正
450,000円(税別)~ 前歯だけなど気になる歯のみ450,000円(税別)~ 前歯だけなど気になる歯のみ
コンビネーション
960,000円(税別)~ 1,260,000円(税別) 上顎:裏側の装置 下顎:表側の装置960,000円(税別)~ 1,260,000円(税別) 上顎:裏側の装置 下顎:表側の装置
難易度 期間 費用
A 1年半前後 960,000円(税別)
B 2年前後 1,060,000円(税別)
C 2年半前後 1,160,000円(税別)
D 3年以上 1,260,000円(税別)

治療難易度により、期間とそれに伴う治療費用が変動します。
実際の口の状態を確認した後に費用が決定します。

裏側矯正(全顎)
1,080,000円(税別)~ 1,440,000円(税別)1,080,000円(税別)~ 1,440,000円(税別)
難易度 期間 費用
A 1年半前後 1,080,000円(税別)
B 2年前後 1,200,000円(税別)
C 2年半前後 1,320,000円(税別)
D 3年以上 1,440,000円(税別)

治療難易度により、期間とそれに伴う治療費用が変動します。
実際の口の状態を確認した後に費用が決定します。

表側矯正(目立たない器具を用いた矯正)

ホワイトブラケット
720,000円(税別)~1.020.000円(税別)720,000円(税別)~1.020.000円(税別)

※メタルブラケットをご希望の方は装置費用から100,000円(税抜)引かせて頂きます。

難易度 期間 費用
A 1年半前後 720,000円(税別)
B 2年前後 820,000円(税別)
C 2年半前後 920,000円(税別)
D 3年以上 1,020,000円(税別)

治療難易度により、期間とそれに伴う治療費用が変動します。
実際の口の状態を確認した後に費用が決定します。

マウスピース(インビザライン)

インビザライン
840,000円(税別)~1.300.000円(税別)840,000円(税別)~1.300.000円(税別)
難易度 期間 費用
A 1年半前後 840,000円(税別)
B 2年前後 980,000円(税別)
C 2年半前後 1,140,000円(税別)
D 3年以上 1,300,000円(税別)

治療難易度により、期間とそれに伴う治療費用が変動します。
実際の口の状態を確認した後に費用が決定します。

支払い方法について

銀行引き落とし
口座引き落としのため、振り込み手数料もかからず、現金も不要です。
各種クレジットカード
各種クレジットカード
デンタルローン

K's矯正歯科では、各種クレジットカードの他に『デンタルローン』を採用しております。
患者様のライフスタイルに合わせた返済プランが選べます。

  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン
  • デンタルローン

長期保証について

K's矯正歯科では、本格矯正治療を行った患者さんの歯並びを継続してサポートしています。矯正後に歯並びが再び乱れて再治療が必要になった場合でも、メンテナンスに通っていただいていれば、追加の治療費はいただきません。長期保証をお約束いたしますので、安心して治療をお受けください。
ただし、患者さん側の原因によって歯並びが乱れてきた場合には、保証外とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

PICK UP

意外と知らない矯正治療への
保険適用

矯正治療を受けて歯並びをきれいにしたいと考えていても、費用が高いという理由から二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか? 確かに矯正治療はほとんどが自費診療に該当するので、決して安くはない費用がかかります。ただ、実は費用を半額程度に抑えられる保険診療で行える矯正治療も存在するのです。

意外と知らない矯正治療への保険適用

保険適用の矯正治療は条件付きになりますが、費用のために治療をあきらめていたとしたら、一度検討してみることをおすすめします。K’s 矯正歯科では、「顎変形症」と「唇顎口蓋列」の場合に保険診療で矯正治療を行っています。

顎変形症

上顎または下顎のどちらか、あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常で顔面の変形や咬み合わせの異常を起こしている状態が「顎変形症」です。この場合、歯並びや咬み合わせを正すためには、歯列矯正と顎の手術の両方を行う必要があるため、矯正治療に関しては保険診療で行えます。顎変形症と同様に外科手術が必要なケースは、矯正治療に保険が適用できる可能性があります。

唇顎口蓋列

先天性異常の一つであり、上くちびるが裂け、歯槽部や上顎の口蓋まで裂けている症状を唇顎口蓋裂といいます。日本では500人に1人の割合で唇顎口蓋裂が発生するといわれており、国が定めた先天疾患です。保険診療による矯正治療に該当するので、万が一、お子様にこうした症状が見られる場合は、矯正治療で見た目の改善を行うことをおすすめします。