表側の目立たない矯正

目立たない「表側矯正」(ホワイトブラケット)

 歯の表面(唇側)に矯正装置を取り付け、歯並びを美しく整える治療法が表側矯正です。歯列矯正と聞いて多くの方が思い浮かべるメタル製の装置は、表側矯正の代表格といえます。表側矯正は、長い歴史と豊富な症例により、治療法がきちんと確立されており、ほとんどのケースに適用可能です。

近年では、一般的なメタルの矯正装置のほかに、ホワイトブラケットをはじめとした、目立たない矯正装置も多数開発されております。これまで歯並びの乱れが気になりながら、矯正装置の見た目から治療を敬遠してきた方にも選択しやすい矯正治療法です。
目立たない表側矯正のことなら、阪急梅田駅から徒歩1分、矯正治療に特化した「K’s矯正歯科」にお気軽にご相談ください。

ホワイトブラケット

ホワイトブラケット(表側の目立たない矯正)

口を開けるのがためらわれるような、白い歯の中で目立つ金属製の矯正装置は嫌……。矯正治療中も周りの目を気にせず、これまで通りの快適な毎日を送りたい……。そんな方には、歯の色に近い、目立たない矯正装置、ホワイトブラケットがおすすめです。ホワイトブラケットは、見た目が自然なうえ、矯正効果の面でも非常に優れた治療装置です。

こんな方におすすめ!
  • ・矯正治療を周りに気づかれたくない
  • ・全体的な歯並びをの治療を費用抑えて行いたい。
治療期間
1.5年~3年
対応可能歯並び
  • 開咬開咬

  • 出っ歯出っ歯

  • でこぼこでこぼこ

  • 受け口受け口

  • 優位咬合優位咬合

それ以外の表側矯正のメリット

多くのケースに適用可能
表側矯正には豊富な症例があり、ほとんどの部位やケースに対する治療が可能です。また表側に装置を取り付けているため、微調整をしやすいこともメリットの1つとなります。見えない矯正装置ではなかなか効果が出にくい部位の治療にもおすすめです。
費用を抑えられる
一般的なメタルの装置と比べれば若干割高となりますが、裏側矯正やマウスピース矯正などと比べると、比較的費用を安価に抑えることができます。

表側矯正の装置に関して

ホワイトブラケット

ホワイトブラケット

金属製のブラケットの代わりに、歯の色に近く、セラミック製のブラケットを用いた矯正装置です。矯正の方法は金属製のブラケットと同じように、ワイヤーを通して歯を動かしていきます。当院では標準の矯正装置です。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

歯の色に近い色を採用した目立ちにくいワイヤーです。ワイヤーの色が変わるだけで見た目の印象も大きく変わります。歯に自然になじみます。

メタルブラケット(金属製のブラケット)

メタルブラケット(金属製のブラケット)

もっとも一般的な矯正装置で、金属でつくられた装置(ブラケット)を用います。金属製のブラケットは薄くて丈夫、しかも他の装置に比べて低コストです。周りから目立ってしまうというデメリットはありますが、治療期間が短くなることもあります。

表側矯正と裏側矯正の比較表

表側矯正 裏側矯正
治療期間 どちらの治療法を選んでも、あまり大きな差はありません。
仕上がり どちらの治療法でも、綺麗な歯並びに仕上がります。
装置の見た目 裏側矯正と比べると、どうしても装置が目立ちます。ただしホワイトブラケットの場合は、メタルと比べると自然な色で目立ちません。 表側からは矯正装置が全く見えません。よほど大きく口を開けない限り、治療中だとは気付かれないようです。
発 音 装置取り付け時には、多少違和感があるものの、発音に問題を感じることは、ほぼありません。 裏側に矯正装置を取り付けるため、装着当初は発音しづらさを感じる方が多いようです。1~2週間経つと、次第に慣れてきます。
食 事 装置取り付け当初は噛みづらさを感じる場合がありますが、1か月ほどで慣れるようです。 表側矯正と比べると、食べにくさを感じる方が多いようです。1か月ほどで、徐々に慣れてきます。

患者さまの歯並びやライフスタイルに応じて、ホワイトブラケット、裏側矯正、インビザライン、マウスピース矯正など、豊富なメニューの中から最適な治療法をご提案いたします。梅田で歯科矯正をお考えの方は、ぜひK’s 矯正歯科にご相談ください。